演奏会情報

〇 10. 1 sun 14:00~ 金子陽子 フォルテピアノ リサイタル 藤沢リラホール

  西方芸術振興財団所有の、

故小島芳子愛寵の名器=C.クラーク1994年製作            

(1795年、A. ヴァルター製作のレプリカ)で奏でる、        

モーツァルト & ベートーヴェン プログラム

 

モーツアルト :   ソナタ  KV 576   変ロ長調                  

                         幻想曲 KV 475  ハ短調                              

                         グラスハーモニカのためのアダージオ   KV 606

               ロンド   KV 494   ヘ長調              

ベートーヴェン:  ソナタ     op.2-1   ヘ短調              

                           6 エコセーズ   WoO. 83   変ホ長調       

           ソナタ    op.31-2,  「テンペスト」ニ長調     

 


チケット委託先 : 藤沢リラホール ☎ 0466-22-2721

(ヤマハミュージック横浜店 2F)☎045-311-1202

〇 11.11 sat  14:00~ 本山 乃弘 ピアノリサイタル  茅ヶ崎スタディオ ベルソー

ハイドン :     ピアノ・ソナタ 第59番 変ホ長調   Hob.XVI/49   

J.S.バッハ :    前奏曲とフーガ 第12番 へ短調 BWV881   平均律クラヴィーア曲集第2巻より            

ベートーヴェン: ピアノ・ソナタ 第23番 へ短調 Op.57「熱情」

ラヴェル :      クープランの墓

ドビュッシー :   2つのアラベスク

                          「 ミンストレル」      前奏曲集 第1集より

                 喜びの島

 


チケット委託:

(ヤマハミュージック横浜店 2F)☎045-311-1202

〇 12. 9 sat  14:00~ Duo Feygin [ドミトリー・フェイギン & 新見・フェイギン・ 浩子] 茅ヶ崎 スタディオ ベルソー

○  ブルッフ  :    コール ニドレイ 

  R.シュトラウス :   ピアノチェロのための ソナタ

 ドビュッシー  :    ピアノチェロのための ソナタ

 ショスタコヴィッチ  :   ピアノチェロのための ソナタ

 ストラヴィンスキー  :   イタリア組曲

  Dmitry Feygin Cello   (ドミトリー・フェイギン、チェロ)

 

 ロシア人チェリスト、ドミトリー・フェイギンは、有 名なチェリストであった父、ヴァレンティン・フェイギンと、有名なチェロ教師であった母、ガリーナ・ズーヴァレヴァのもとに、モスクワに生まれる。その後、モスクワ音楽院中央付属音楽学校にて英才教育を受け、後にモスクワ音楽院へ 入学、同大学院を卒業。その間、父にチェロを、室内楽をショスタコヴィッチ室内楽団のチェロ奏者アレクサンドル・カルチャーギンなどに師事する。

 モスクワ音楽院在学中、1991年にモスクワ院大ホールにて指揮者アレクサンドル・ヴェデルニコフ(現ボリショイ劇場常任)指揮により、チャイコフ スキー作曲『ロココのテーマによる変奏曲』でデビューする。今までにショスタコヴィッチ室内楽コンクール、日本のヴィヴァ・チェロコンクールなど数々の 賞を受賞。ショスタコヴィッチ室内楽コンクールではショスタコヴィッチ夫人から特別にソナタ賞を授与される。 

 1986年からロシア国 内外で演奏活動をはじめ、NEW-VIKTRINGフェスティバルやCARINTHISHERフェスティバル(墺)、カルマール・フェスティバル(仏、主催はロシア人ヴァイオリニスト、スピヴァコフ)、オレグ・カガン・フェスティバル(露、ナタリア・グッドマン主催)、モスクワ11月芸術祭などに出演す る。'95年からはモスクワ・コンサート・フィルハーモニー協会のソリストを務め、モスク ワ音楽院付属音楽学校で教える。'99年にはロシア人指揮者、イリヤ・ムシンなどと共演する。'06年からはモスクワフィルハーモニア協会主催による定期演奏会に、毎年、チェロとピアノ、デュオ室内楽のシリーズに新見・フェイギ ン・浩子(ピアノ)と連続出演している。

  最近では、小林研一郎を始め日本人で世界的な指揮者と共演する。2013年には、世界的な指揮者広上淳一や、日本の有名なオーケストラと共演する。日本とロシア中心にソロ室内楽で活動する。近年では、モスクワ、韓国および日本において国際チェロコンクールの審査員も務める。

 2003年に来日、現 在東京音楽大学教授。

 新見・フェイギン・浩子 (piano)

 

 大阪に生まれる。桐朋学園高等音楽学校に入学する。その後、ハンガリー・ブタペスト、リスト音楽院にてピアノを、ナードル・ジョルジュやゾルタン・コチシュなどに師事する。その後、1990年からモスクワ音楽院に研究生として入学。ピアノを、ドミトリー・バシキーロフ、セルゲイ・ドレンスキー、室内楽を、前モスクワ音楽院長であったディグラム・アリハーノフ、ヴァレンティン・フェイギンなどに師事する。その間、旧レニングラードで開催されたショスタコヴィッチ室内楽コンクール(デュオで夫であるチェリストのドミトリー・フェイギンと共演)ソロではイタリアのヴィオッティ国際ピアノコンクールなどで賞を受賞する。

 渡露直後より、主にロシア国内で演奏活動を始め、サンクト・ペテルブルクオーケストラ、ロストフオーケストラ他、サラトフ、マイコップなどのオーケストラと共演する。モスクワではチェリストのナタリア・グッドマン主催のオレグ・カガン・フェスティバルや、モスクワ11月芸術祭、プーシキン美術館などのフェスティバルにて、1990年からドミトリー・フェイギンと共演する。

 他にピアノトリオ、ピアノ五重奏など、モスクワ・ソロイスツ室内楽オーケストラのメンバーと共演する。2005年からモスクワ・コンサート・フィルハーモニー協会にて演奏活動をする。

  現在、'06年からモスクワ国立フィルハーモニア協会主催の定期演奏会に連続出演する。'103月に催された同シリーズ演奏会は、モスクワ国立フィルハーモニア協会の批評家たちから大変な好評を博した。'06年から'11年まで、くらしき作陽大学音楽部で後進の指導にあたる。'154月より東京音楽大学付属高校講師。

  現在、日本とロシアでおもに夫フェイギンと演奏活動を行う。

〇 1.20  sat  19:00~ Quartet MIYABI [クァルテット 雅] 新橋 汐留ホール

前田 奈緒[vn]  北見 春菜[vn],     髙橋 [va],    印田 陽介[vc]

  ハイドン : 弦楽四重奏曲 第77番 ハ長調 「 皇帝 

〇  シューベルト : 弦楽四重奏曲 第14番 ニ短調 「 乙女   

 

・演奏者より

「Quartet MIYABI  2016月に結成し、演奏会だけでなく、中央区内の幼稚園、認定こども園、千葉市内の中学校でのアウトリーチ活動にも積極的に取り組んで参りました。
 結成年を迎えた今、私たちはさらなる高みを目指し、弦楽四重奏の王道である二つの作品に挑戦いたします。
 弦楽四重奏の魅力がたっぷりと詰まったプログラムを最後までごゆっくりとお楽しみください。」

〇 2.25 sun  14:00~ 薗田 奈緒子 ピアノリサイタル  茅ヶ崎スタディオ ベルソー

ハイドン :  ピアノソナタ 第50番
シューベルト  :  即興曲 作品90
ラヴェル  :  ソナチネ
ベートーヴェン  :  ピアノソナタ 第32番 作品111

  桐朋女子高等学校音楽科、桐朋学園大学音楽学部演奏学科卒業。同大学卒業演奏会に出演。同研究科を経て、渡独。ベルリン芸術大学を卒業。渡辺ようこ、勝部裕子、奥村洋子、ミハイル・ヴォスクレセンスキー、江澤聖子の各氏にピアノを、小澤英世、マルクス・ニコシュ、タベア・ツィンマーマン、ナターリア・グートマンに室内楽を師事。
  在学中よりヨーロッパでの演奏活動を始め、2009年ベルリン・フィルハーモニーにてベルリン交響楽団とベルリンデビュー。
  イタリア・アルジェント国際音楽コンクール、デリヤ・シュタインベルグ国際ピアノコンクール、スペイン・シュテファノ・マリッツァ国際ピアノコンクール、ポーランド・バツェヴィチュ国際コンクールに入賞。
  現在講師として母校ベルリン芸術大学、ベルリン・ハンスアイスラー音楽大学、ワイマール音楽大学にて後進の指導にあたるほか、ミュンヘン国際音楽コンクール、チャイコフスキー国際音楽コンクール、クイーン・エリザベート国際コンクールをはじめとするさまざまな国際コンクールに参加する学生たちのピアノパートナーを務める。2013年ドイツ・マークノイキルヒェ国際音楽コンクール、2015年ポーランド・ルトスラフスキー国際コンクール及びチャイコフスキー国際音楽コンクールにて最優秀伴奏賞を受賞。
  近年はソロ活動の他に特にライフワークとしている室内楽演奏活動にも力をいれており、優れた室内楽パートナーとして石坂団十郎、イェンス=ペーター・マインツ、コリア・ブラッハー、アンドレイ・イオニーツァなどと共演。デュオパートナーとしてヨーロッパ各地の音楽祭に出演のほか、ロシア・マリンスキー劇場やイギリス・ウィグモールホールなどでリサイタルに出演。またドイツ・RBBラジオ、ZDFテレビ、イギリスBBCラジオ等にも演奏が取り上げられる。現在ヨーロッパを拠点にして欧、亜、露各地で演奏活動を行っている。2018年はカーネギーホールを始めとするアメリカデビューが決まっている。ベルリン在住。