アンシェル主催公演に出演の芸術家のご案内です

 

* 「繰り返しに堪える」を芸術の定義のひとつとして措くとするなら、

   「ここ」にも、永久を秘めた一回性の芸術、美が表出されるだろう。

  アンシェル公演にお越しの方々、是非、お運びくださいませ。

 

日時が合わず、私どもの公演にお出でになれなかった皆様、

お聴き逃しになった「いま・ここ」が、あります。